Home > 土地家屋調査士業務

土地家屋調査士業務

土地

土地分筆登記
 1筆の土地を複数の筆に分割する手続きです。
 「土地の一部を売却したい」「相続で土地を分けたい」
 といった場合に必要になります。
 それに伴い土地境界確定測量が必要です。

土地地積更正登記
  登記簿面積と実測面積が相違している場合に行う手続きです。
  土地境界確定測量が不可欠です。

土地表題登記
 国有地の払い下げを受けた場合に表題部を創設する手続きです。
 土地境界確定測量が必要です。

土地地目変更登記
 土地の利用形態を変更した場合に行う手続きです。
 たとえば畑に建物を建てた場合 「畑」から「宅地」に変更します。
 基本、測量作業は必要ありません。

土地合筆登記
 分筆とは逆で複数の土地を1つにする手続きです。
 基本、測量作業は必要ありません。


建物

建物表題登記
 建物の登記簿表題部を創設する手続きです。
 建物を新築した場合や建物が未登記であった場合に必要です。

建物滅失登記
 建物の登記簿を閉鎖する手続きです。
 建物が取り壊しや焼失で存在しなくなった場合必要です。

建物種類変更登記
 建物の用途を変更した場合にする手続きです。
 「店舗」から「居宅」、「居宅」から「事務所」などです。

建物構造変更登記
 建物の一部を増築したり、屋根材を変えたりした場合に行う手続きです。
 建物に手を加えたことにより構造(木造等)、
 屋根材(かわら等)、床面積に変更が生じたときに必要です。